読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤とか緑とか青とかの看板に昼が来るたびに長蛇の列を作ってる人たちって何なの??そういう宗教か何かなの??

こんにちは


@tokunoribenです。


社会人になって、ランチの時間に外に出ていくと毎日毎日不思議な光景に遭遇します。



お昼時になるたびに赤とか緑とか青とかの看板を掲げた銀行の前にできる長蛇の列。


それも毎日毎日飽きることなく。


彼らはいったいなぜ並んでるのでしょうか。ある日ふと気になって調べてみました。


なるほど。銀行は仕事が終わる夕方には閉まっているし、ATMを使おうにも夜間には余計な手数料が発生してしまうため、彼らはこの超低金利時代に少しでも無駄な出費を避けるべく貴重な昼休みを投下して列をなして銀行に押し寄せているのです。


納得の結果ですね。


だが、ここでさらに疑問が生じます。人件費が発生するわけでもなく機械がデータ処理するだけのATMが時間帯を境に無料だったのがいきなりお金が発生するというのはおかしいのではないか、と。

きょうび24時間開いてるコンビニや飲食店は当たり前の時代です。まして、コンビニや飲食店で深夜に商品を買ったからといって、割増追加料金を請求されるなんて話は聞いたことがありません。


そもそも銀行は数十年前からいつになっても15時で閉店、料金体系も昔と変わっていません。ありとあらゆるサービス業が顧客獲得のため品質改善のため激しくしのぎを削る中、彼らはいったい何様のつもりなのでしょうか。

このような消費者の不満の間隙を縫ってか最近猛烈な躍進を続けているのがインターネットを用いて銀行業務を手がけるネット専業銀行と呼ばれる新しいタイプの銀行です。


その数あるネット専業銀行の中で、ひときわ勢いがあるのが「住信SBIネット銀行」と呼ばれる新興のネット銀行です。


2007年に開業したネット銀行としては後発組であるにもかかわらず、今年1月にはネット銀行として史上始めて、預金残高2兆1000億円を突破したということからもその勢いの凄まじさがわかるかと思います。

その利便性にはサービスにうるさいはてな民や2ちゃんねらーですら舌を巻いて賞美するほどであり、事実ネット上には多数の記事が見受けられます。

メガバンクは卒業して、優秀な「住信SBIネット銀行」に乗り換えるべき4つの理由 | 男子ハック

VIPPERな俺 : まさか未だにネット銀行口座作っていない情弱はいないよな




もちろん一般消費者における満足度も非常に高く、JCSI(日本版顧客満足度指数)の2009年度調査結果では銀行業界で第1位、全業種291社の中でも第4位という順位を叩きだしています。

http://www.service-js.jp/cms/show_news.php?id=212


ちなみにこの全業種ランキングの1位はもはやカルトとも言える夢の国ディズニーランドを運営するオリエンタルランドであることからも、窓口を持たないネット銀行が4位ということの異常さが引き立ちます。

何十年も前から顧客目線がどうとか言ってる他の銀行は影も形もありません。

これはもう、他の金融機関が巻き返そうと思うものなら夢の国の某キャラクターに扮した行員が


「ハハッ そうだね。定期預金だねっ!」

「僕、プーさん。国債大好き!」


などど窓口で言わせるくらいしかないと思われます。



それにしてもここまで人を惹きつける住信SBIネット銀行とはいったいどのようなサービスを提供しているのでしょう。


詳しい解説は他のブログに譲るにしておおまかな特徴だけ端的に解説してみましょう。


24時間ATM手数料無料に代表される入出金手数料の圧倒的安さ


住信SBIネット銀行はネット銀行であるため自前の店舗を持っていません。

そのかわりに全国に数万店舗あるというコンビニ内に置かれているATMと提携しており

・セブン銀行24時間無料

・ゆうちょ銀行/コンビニATM Enet/ローソンATMで月5回まで無料

という特徴を持っています。

月3回無料の振込機能、自動定期振込機能


住信SBIネット銀行は振込先に関わらず月3回振込手数料が無料です。もちろん預金残高がいくら以上とか条件はいっさいありません。どこにいくら振り込もうが、月3回は無料です。そして自動振込機能というのもあります。家賃など毎月振り込む金額が確定しているのであれば、一度登録してしまえば振込指示すら不要です。


うーん。これだけではいまいちどうすごいのかわかりません。

試しに実際の生活に落としこんでシュミレーションしてみましょう。

                                                                                                                      • -

某赤い銀行を使っているリア充大学生の特のり君。

週末はいつも飲み会や合コンに大忙し。

「いけねー!金ないわ!ちょっとコンビニ行って金下ろしてくるわ!」

あわててコンビニに駆け込み、お金を引き出しセーフ!

「ふぅ〜 なんか先週も同じことやったな〜 でも、夜って銀行開いてないし、一度にお金たくさん持ち歩くのも怖いしなぁ」


「あっ!今月分の家賃振り込まなきゃ!」

「おっ!ヤフオクでこの服かっちゃお!支払いは銀行振込、と。」

「あ、こないだの旅行の代金銀行振込で払っとくわー」

「今月も3回くらい銀行振込使ってるな〜。銀行いくのめんどくさいな〜。ま、いっか!」


気がつけばそんな4年間の充実した大学生活ももう終わり。。。

(※この設定はフィクションです。実在の人物の大学生活とはいっさい関係がありません。)

                                                                                                                      • -

さて特のりくんが4年間で赤い銀行に支払った手数料はいくらでしょう。

引き出し手数料(210円)×月5回×12ヶ月×4年

振込手数料(420円)×月3回×12ヶ月×4年

=11万880円

うーん。なかなかのお値段ですね。でも、業界トップがこんな数字なのでだいたいこんな相場なんでしょう。


今度は同じ生活を送った特のりくんが同じ生活で住信SBIネット銀行を使った場合で計算してみましょう。


引き出し手数料(無料)×月5回×12ヶ月×4年

振込手数料(無料)×月3回×12ヶ月×4年


=0円


えっ・・・えっ・・・?


差額11万倍以上wwwwwwwwっていうかボッタクリwww


ツボや絵を相場の数百倍や数千倍で売りつけている宗教法人も床に額をこすりつけて土下座しながら許しを乞うレベルwwwwww


え?、それは銀行の手数料の部分だけみた場合だろ、大事なのは金利だろって?

さすがこのブログを読まれてるハイソな読者様。数百円の手数料で云々言ってる貧民層の皆様には一生ご縁がないと思いますが、富裕層になると向こうから銀行が御用聞きにやってきます。


銀行の本質は資産運用。当然そこは歴史ある銀行。新興の怪しげな会社なんかと格の違いを見せつけてくれるに違いありません。

某赤い銀行

5年定期預金

年0.05%

住信SBIネット銀行

5年定期預金

年0.39%


7倍差wwwwwこれが牛丼だったら、280円の牛丼が2180円wwwww




あ、そういえばあのマークってどこかで見たような・・・




・・・







どう見ても21世紀少年のトモダチです。本当にありがとうございました。



街の一等地のいたるところにデカデカ掲げている怪しい記号。


著しく高い料金。理由はわからないけどなぜが笑顔で微笑む美人なおねーちゃん。


毎日列をなして並ぶ人々。


あー これ、宗教だわ。宗教。


ん、よく考えたらこういう話って銀行に限った話じゃないような・・・



銀行、証券、生命保険、損害保険・・・それは資本主義社会に生きる私たちにとって避けては通れない一生のサービス。

世の中に存在するありとあらゆるサービスがインターネットとテクノロジーの進歩によって過去と比べ物にならないくらい進歩している、そしてその恩恵をもっとも受けているはずの金融サービス。


・・・それなのに


相変わらず証券会社で高い手数料で株や投資信託を買い続ける人たち。

相変わらず保険のオバちゃんに言われるがままに生命保険に入る人たち。

相変わらず代理店に言われるがままに損害保険に入る人たち。



その姿はいつまでたっても変わることはありません。

いったいなぜなのでしょうか? お金について考えない・・・から? 


確かに学校ではこうやって生きなさい、とは教えられても、お金はこうやって使いなさい、と教えてくれる人はだれもいませんでした。それどころかこの国ではお金についてあれこれ考えることは忌み嫌われる行為であり、お金よりも大切なことがある、と叩きこまれたものです。僕達はどんなに嫌だと叫んでも資本主義社会に放り出されるのに。

なるほど、支配する側にとっては支配される側にはお金のことなんか何も知らずに汗水垂らして農奴のように働いて一生を終えてもらった方が都合がいいわけです。

そういえば昔、「お金で買えないものはない。」と資本主義社会のまごう事無き真実をぶちまけた人間は支配する側から怒りをかって牢獄にぶち込まれましたね。

この国ではお金について既存の価値観や体制に疑問を持ったりそれをぶちこわそうとすることはいけないことなのです。

綺麗な笑顔で微笑んでいるおねいちゃんと看板を信じて何も考えず金を差し出すことが、正しい生き方なのです。



人生において最初に接する金融サービスである銀行。

その銀行について考えるということはこれから続くあなたの人生とお金の関係について考えるということです。

そしてそれを考えないということは、あなたは自分の人生とお金についての思考を放棄するということです。

その一つの結果がこの21世紀の時代になっても何十年前と変わることなく昼になるたびに並び続けるあの人たちなのでしょう。


だからと言って私はそのような人たちを批判する気は毛頭ありません。

何よりこの国では宗教の自由は憲法によって守られていますし、有史以来人類は宗教の対立を巡って血を流すという悲しい歴史を繰り返しています。

だから私はそのような考えを否定せず、同じ立場、同じ価値観、同じ言葉で、理解できるような人でありたいと思います。


んだんだ! そげなお金のことなんか考えたってどうもならんじゃろぅ! お金さぁ、しっかり銀行様預けてあとはまじめに汗水流して働くのが一番だっぺ。村さ看板さ出してる大きなとこなら何も心配なかっぺ。村のおいちゃんの娘さんもあそこさで働いとるじゃろうて。あぁ?インターネットさバンク? あんたそげな怪しげなとこにお金なんか預けたらどないなことなるかわからんべ!いつつぶれるかわかったもんじゃなか!あんたそげな風にお金を粗末にしたらバチがあたっぞ!お金さ昔からの銀行さ預けとくのが一番ダァ。そんで日さ登ったら働いテェ 日さ沈んだら寝る、それが人生じゃ。



だから、これからも何も変わることなく安心して並び続けてください。

吹雪吹き荒ぶ真冬の酷寒の日も、灼熱の太陽が照りつける真夏の酷暑の日もずっとずっと変わることなく並び続けてください。

大丈夫。神はきっとあなたを見守っていらっしゃいます。

さぁ、ATMの使い方がわからずいつまでも操作し続ける同じ老いた信者にも温かい手を差し伸べましょう!


それに時は21世紀。高度な科学文明を持つ日本はその技術力を結集してこんな手持ちぶさたな時間のためにソーシャルゲームなるものを開発しました。これさえあればこんな時間もライフハックして有効活用できます。


だから安心して並び続けてください。何十年、何百年とずっとずっと変わることなく。


ほらほら、その手元の最新のスマートフォンを立ち上げて!


ドッドッ ドリランド!
 

ドッドッ ドリランド!


ドッドッ ドリランド!




・・・・・・・・・・




まぁ、僕はスマフォあるならネット銀行のアプリ使って振込するんで並ばないですけど。