読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活論を熱く語ってる人間には、それでメシ食ってる人間か、女子大生と一発ヤリたい人間くらいしかいない。

人生論 炎上論 起業論

最近、リクルートスーツ姿の学生よくみるなって思ったら。
なんか気がついたら就活って12月からになているらしい。
言われてみたら、就活とは、みたいなブログが増えてきたような気がする。
なんか昔書いたブログ記事とかつぶやいてたツイートが改めてRTされてたりするので、久しぶりに就活についてブログでも書いておこうと思う。





 昨今の就活の諸悪の根源として、リクナビが叩かれることが多いけれど、じゃあリクナビ無くせば解決かというと、「フハハ私が死んでも第二・第三のリクナビが・・・必ずや・・・」みたいになるし、実際そうなるので結局変わらないと思う。


むしろ結局のところ問題点としては、学生が人生における重要な意思決定をするために集めなければならない情報をさぼって集めないで、お膳立てされた安直かつ低コストの情報源のみで求めることにあるのだと思う。

例えばさ、よく就活を結婚に例える話ってあるんだけど、
まぁ、1日の三分の一以上の時間を一緒に過ごして、40年間つきあう可能性もなきにしもあらず、ってことを考えたらあながち間違いでもないんだよね。


だとしたらさ、私、来年結婚します、みたいな話で奥さんとの馴れ初めをきいたときに


「妻との馴れ初めですか? ええ、出会い系サイトで妻の写真とプロフィールを見て私から交際希望を申し込んだんです。どうしても私この半年で結婚したくって。そしたら私、先着50名限定の中から運良く選ばれたんです!。それで自分のプロフィールとこういう結婚生活をしたい、って200字くらいのラブレターを書いて送って。それがキッカケです。一応ラブレター書くときは元カレにも会って話聞いたりしましたよ。え?デート? いやあ全部で3回くらいですかねー。はじめてあったときは15分くらい趣味とかを話して終わりました。次は、彼女のお兄さんも同席で15分くらい話しました。それで最後はお父さんも同席して15分くらい話しをして、それで結婚を申し込んだんです。ええ。オッケーでした。相思相愛ってやつですね!まぁ、結婚できなかったら嫌だったんたんで念のため他の100人くらいにも申し込んだんですけどね。 あ、式は1年後ですね。彼女もきっと幸せだと思います。あと恥ずかしい話なんですが、実はまだ彼女と経験もなくってハハハ・・・彼女と次に会うのは式の日ですね。1年後が楽しみです。いやあ幸せだなぁ。これから40年間の結婚生活が楽しみです」


みたいなこと、友達に言われたらどうよ?  
(うわぁ・・・これはやっちまったなぁ・・・)
みたいなざわざわした空気なるっしょ? こんな話披露宴とかで流されたら、会場静まっちゃうでしょ。


でも、なんか職探しだとすでにこれがデフォルトになってるんだから、マジ21世紀ってサイケ。


じゃあどういうのが良いんだよ、って話になると、上記の例でいうと、やっぱり実際の結婚なんかと同じように、始まりはちょっとした縁からかもしれないけど、ある程度の長い関係の中で、相手のことをいいことも悪い事も知って、ある程度経験を重ねた上で関係を決める、というのが間違いがすくなそうな気がする。


そういうのをすっ飛ばして、お膳立てされた安直かつ低コストの情報源のみで意思決定を行ってしまうのが、つまるところ就活のミスマッチみたいになるわけで結局のところ様々に言われている就活の問題はコピペで論文を書く大学生のように、楽して人生の解を求めようとるする、学生の業の深さへの罪に起因するものだとおもうわ。


巷ではこういうミスマッチを軽減させる手法としてfacebookだのTwitterだのソーシャルネットワークを使った就活とかが流行ってるらしいけど、あれは、そもそも会社が学生を選別するアプローチするチャネルが、ソーシャルネットワークになったというわけで、片道通行的なものだよね。


だからそもそも本来の相互間での情報の共有というところで言うと、学生がアホなことしてる飲み会の写真を見られたくないように会社からしても本来そこは見てしはいけないパンドラの箱なわけで、そこを開いてしまったら、


「日本の○○はおかしい。俺が変える」とか、「これは激動の時代がくるな」とか言ってニュースかブログか何かのリンクを息巻いていてしょっちゅう投稿していた「イケてる」先輩が、やもしばらくもするとぱたっとフィード上から消えて、ふと何かの折になんとか賞とりました!とか意味不明な賞を片手にドヤ顔の写真を投稿していたり、会社の最高の仲間たちです!といいつつも微妙な距離間のある飲み会の写真をあげたかと思えば、自己啓発本の一説を引用して、このままじゃダメだ。俺ももっと成長しなきゃ、みたいなイミフな投稿を午前4時とかの意味不明な時間帯に投稿したあとそのまま更新もとまって、「○○業界で働いてます/グローバル/○○設立/社会貢献/国際交流/」みたいな学生時代のなごりを残したプロフィールだけが郷愁感とともに残り続けて、おいでよ!社畜のもり!みたいなそういう身も蓋もない真実が露呈してしまうだけである。


ただ、とは言っても若い人間が知識や経験に乏しいのは当たり前なわけで、最初から正しい判断や選択をしろっていうのは酷な話でもある。そしてまた当初は想像だにしなかった出会いが大きな縁へとつながる可能性はなきにしもあらずであるから一概に全てが悪いともいえないのもまた事実である。しかしながらそれを良い事に食い物にしようとする、輩が跋扈しているのもまた事実。


過中の人間にとっては、人生を左右する一大イベントなのかも知れないけれど、ひとたび社会に出てしまうと、たかだが国民の0.5%にみない数十万人程度が1年程度自己PRだの学生時代頑張ったことなどコミュニケーション能力だの何の中身もなさそうなことをつらつらとかたり歩くなんて滑稽な茶番劇以外の何物でもない。しかし、制度がその茶番劇を演ぜよと強要するのだ。


そのような茶番劇の役者を興ぜざるを得ない若者に向かって、彼らが無知や無経験であるのをいいことにつけ込んで歯切れの良いメッセージを語りかけ、何年も利益を得ている人種にうす気味悪さを感じる。


しかし人は皆、何らかの利益を得て生きて行くしか無い。そのためには必ず何らかのバイアスが働くものだし、ポジショントークが生じる。資本主義の社会に生きるとはそういうことだ。

日本のインターネットの負の部分の総本山みたいな某掲示板をつくったある人間はこう言葉を残している。

うそはうそであると見抜ける人間でないと、難しいと。

というわけで、昨今の就活という市場に跋扈する魑魅魍魎たちをまとめてみよう。



リ○ナビとか

タイトル:「★☆☆★もう我慢できない!新卒を入れてほしいの、新卒で社内をグチャグチャにかき回してほしいの!★☆★★」

リ○ナビからメッセージが届いています。
---------------------------------------------

突然のメールごめんなさい。

私、普段は大手優良企業と言われていて、何一つ不自由ない幸せな生活を送っています。

でも私、こうみえて、実は挑戦する人には弱いんです…

ずっと我慢してたけど、もう社内はグチャグチャなんです。ほんとはグローバルな新卒を入れてかき回してほしいって思ってるんです。

正社員契約を結んでいただいたらすぐに毎月20万以上お渡ししますので、お会いできませんか? 
下のサイトから会員登録してすぐにメッセージやりとりしましょう!

---------------------------------------------

■■新卒が欲しくてもう我慢できなくなっちゃった1万社が登録★★ リ○ナビ■■

今なら50社の内定をいただいちゃった男のマル秘レポート無料公開中!
さらにこのメールを受け取った方限定で、3人に1人が内定をトレちゃう禁断の無料セミナーにご招待!!!  

■★▲!完全無料です!■★▲
★☆↓こちらをクリック★☆
https://job.rikunabi.com/2014/
★☆↑こちらをクリック☆★
■★▲!完全無料です!■★▲

---------------------------------------------


ベンチャーの社長とかその類の人たち

「ほんと今の学生はダメだわー。俺みたいな起業家と違って、全然リスク取らないしー。ほんとだめだわー。俺みたいなリスクとった人間と違って、全然リスクとらないんだもん。行動力ないしリスク取らないとダメだわー 行動しないとダメだわー。ほんと早く行動しないとだめだわー。大企業とかいくやつはほんとだめだわー新卒でベンチャー行かないとかほんと理解できないわー でもそういうこと経験できるベンチャーってないもんなー。どこかにそんなことできる会社ないのかなー(チラっ えー うっそー俺がやってる会社とかー成長できちゃうのー うっそー それどこ情報よー おかしいなーせんぜんそんな自覚なかったのになー せいぜい数百万くらい広告費かけたくらいしかしてないのになー やっぱりばれちゃったかー。うわー 優秀な学生とか見抜いちゃうもんなー。」
(プロフィール:東大・早稲田・慶應大学を卒業後、大手金融機関に就職。東証一部大手事業会社転職後、海外MBA拾得、その後コンサル会社に転職した後、某ベンチャー企業に転職、現会社設立、今に至る、)」


ブロガーとか本書いてる類の人たち

「新卒一括採用とかやってる日本もう終わりだわー。ほんとダメだわー。日本にはGoogleとかアップルとかFacebookとかないもんなー、あとGoogleとかアップルとかFacebookもないもんなー。それにほんとGoogleとかアップルとかFacebookとかもないしー。誰もGoogleとアップルとFacebookとかつくれないしなー。アメリカはその点GoogleとアップルとFacebookがあるもんなー。他にもGoogleとアップルとFacebookとかあるし、後はGoogleとアップルとFacebookとかつくる起業家もいるしなー、世界に目をむけて見てみても全然日本とはは違うわー。みんな全然海外のこと知らないんだよなーwww 世界にはGoogleとアップルとFacebookとかあるし、GoogleとアップルとFacebookとか、うわーその他にもGoogleとアップルとFacebookとかもあるもんなぁ。ほんと日本はダメだわー。ほんと日本の会社はGoogleとアップルとFacebookになれないわー。ほんとダメだわー。もうみんなが何もGoogleとアップルとFacebookとかについて知らないから本とか出したんだよねー。ほんとGoogleとアップルとFacebookとかもっとみんな勉強しろよなー。」


キャリアコンサルとか就活団体とかそういう類の人たち

「日本の就活はおかしい!間違っている!僕は日本の就活を変えたい!日本を元気にしたい! ミスマッチを無くす為に学生はインターンをしよう! 100人限定インターンセミナーに参加!!(参加費¥1000×100人) これから日本を変えるベンチャー10社が出展!!(登壇費用¥150,000×10社)  一流内定者が語るセミナーでノウハウを拾得!商社内定!!マスコミ内定!!大企業内定者セミナー(¥3000×200人)で先輩のすばらしいお話を聞きましょう!「僕の内定先はおっきいです!」「かーっ 2社しか内定もらってないわー ほんと2社しかもらってないわー ほんと2社くらいだわー」「早くあがってこいよ俺のとこまで」「えっ うっそー俺の内定先が待遇もよくてやりがいがあってグローバルとかどこ情報よーそれどこ情報よー」  特別面接指導!!(¥100,000×20人) ES添削!!(¥3000×200人) え?それでも君はどこにも内定がでなかったって?君は何も悪くない!悪いのは日本の就活制度だ!君みたいな将来有望な若者はタンポポを刺身に載せるようなやりがいがある企業で若いうちからもっと責任ある仕事をして成長するべきなんだ!!紹介する!(紹介料 ¥700,000) 。え?君はどうしても女子アナになりたい? マスコミ業界に行きたい? 仕方がない・・・わかった! 特別研修をしよう!! 今夜僕の泊まっているホテルに来なさい!! 君の強みと弱みを再発見しよう!  おっ!? ここか? ここが弱みなのかっ!?(¥現物払) ふぅ・・・ それにしても日本の就活はおかしい!!間違っている!! 私は日本の就活を変えたい!(最初に戻る)」



とまぁ、ここに書いてあることは極論だけれども。

結局のところ、広く社会通念がはびこるところというのは、めちゃくちゃ儲かるのだ。

就職だけではない。
受験、結婚、住宅、投資、保険、葬儀etc

こうでなければならない、こうなりたいという強迫観念が、あなたの判断力をねじまげる。

そして、社会通念に異を唱えるだけで、注目度が集まる新参者にとっても格好の市場でもある。

自分の判断軸を持っていない人間は、必ず搾取される。

それが人生の早い段階で気がつくか、遅い段階で気がつくのかどちらが幸せかは、わからない。

答えはこれからの自分で見つけてください。

ということで明日も就活生の皆様、頑張ってください!!!!!!