読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぐろ人 御徒町出張所【上野メシ】

衣食住では「食」が一番好きです。未だに大学生ばりによく飯の写真を撮ったりしています。

実名制のグルメレビューサイトを使ってみようとしたのですが、いろいろ邪推されたら嫌だなぁとメンタルの弱さをはっきしてなんか気軽にホイホイ投稿しづらいことがわかりました。なんかコメントとかも殺伐としたものがなくてつまらないし。


というわけで、せっかくなのでこのブログにストックしていきたいと思います。ブログのネタが無くなったときに、とりあえず飯の話題でお茶を濁せるっていうメリットもあります。

テーマとしては、

「こんなにおいしいものが、この値段で食べれるなんて、俺はこれから何を目指して人生をいきていけばいいのか・・・」と罪悪感を感じるくらいの安くてウマい上野エリアの飯、上野メシを中心に紹介していく感じです。

という訳で早速。



今回は、「まぐろ人 御徒町出張所」


1ヶ月くらい前にお昼のテレビ番組の上野特集番組か何かで紹介されていた、上野エリアの中では圧倒的なコスパの高さを誇る立ち食い寿司屋です。

何事もおいしい物はやはりそれなりのお値段がするものなのですが、例えば立ち食いスタイルにして回転率を上げる、といったふうに通常の要素から何かを削る事で、その分相場より単価が安くなったりします。最近流行りの俺のイタリアンとかもまさにその最たる例ですね。

立つのを我慢するだけで、普通ならその何倍もするお値段の物を低価格でご賞味できるというのは、底辺層の我々にとって実にありがたいことです。


今回のまぐろ人 御徒町出張所もそのようなスタンスのお店で、大変おいしいお寿司、多分座れるお店ででてくるならこの何倍もするようなのが、立ち食いというだけで格安で食べることができます。

まず、さっそく行列です。立ち食い寿司屋で行列っていうのも、なかなか試される大地、上野という感じです。

この江戸前寿司なカウンターがまた、食欲をそそります。




そして、これ。大トロが1貫250円ですよ。250円。1GD(牛丼1杯あたりの値段)で大トロが食えます。






同じ金額ならこういうお金の使い方をしておかないとやっぱり舌だけでなく心も貧しくなります。

その他おいしかったのが、しゃぶしゃぶサーモン。大根おろしが添えられたサーモンははじめての感覚で震えました。

さすがにテレビやら雑誌にちょこちょこ載るだけあって、相当うまいです。多分、銀座とかで食べたらかなりのお値段になると思います。

でも、立ち食いだからこそ、この価格で許される。底辺の僕でも食べられる。幸せです。


でも、いつかは座ってこれくらいのレベルのお寿司を食べれるようになりたい・・・


寿司立ちぬ。 -食べねば- ってか 。

やかましいわwww