読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログはとっても楽しいなって。

ここ3ヶ月ほどブログを少し多めに書いたのだけど、とてもたくさんの評価をいただけたのは純粋に嬉しい。

3ヶ月で約25万PVで、UUで約4万。

こうやって書くと、たいした数字じゃないのかもだけど、東京ドーム一杯分くらいの人が自分の書いた文章を見てったって考えると、

結構凄いことなんだなあと改めて思う。最近はTwitterで検索をするとみんなが感じた事が生々しくわかるので、特に面白い。



もちろんここに書いてある自分の意見が全て正しいなんて思っていないし、煽り気味なところがあるので、コメント欄はひどい罵詈雑言だらけだけど、

難解で誰にも理解できない文章より、やっぱり誰かが、心のどこかで思っていた事、「そうそうこれだよこれ!これが言いたかったんだ!」とか「こんな考え方もあるのか!」って言ってもらえるような、世の中の事象の見方を変えて「再定義」する文章を書くのはとても楽しい。

あとは、半匿名の中で気ままに好き勝手書けるというのがまたブログの良いところだ。

会社をやっている立場になり公的な場での発言は責任を問われるので、普段はなかなか発言や行動に気を使うけれども

ブログではどこまで自分のポジションを明かすかも自由に決められるから、そういうしがらみから解放されて好き勝手気ままに文章を書ける。

とはいえ今の世の中調べようと思えばすぐに、誰が書いているかわかってしまうので、どうせ誰もわからないだろ、と特定の個人を傷つけるような誹謗中傷に類することは絶対にできないという節度を保った緊張感もある。

あと、ブログをやっているならではの人との出会いもとても面白い。

自分の知り合いや友人がこのブログ面白いよね、って言ってきて、「それ書いてるの僕なんですがw・・・」って言ったときの「えっ!?」って反応はとても面白いし、

ブログ経由で会った事ない人と会うのは、なんせ面白い。

実は10年くらい前の高校生の時にも同じようにブログをやっていて、当時も結構ブログの人気があって、ブログ経由で結構たくさんの人と会った。
当時のブログはもうとっくに無くなって、閉鎖してしまったのだけど、それでもあのときブログ経由で会った人の何人かは今でも大切な友達として続いていたりする。

予め自分の思考を知ってもらっている人間と話すのは、とてもはじめて会ったと思えないくらい気が楽にたくさんのことを話せるので好きだ。


社会人になったときに、一冊の手帳で夢は必ずかなうという本を上司から貰って、プライベートでも目標をたてておけとアドバイスをされたので、とりあえず、昔から文章を書くのが好きだったのこともあって100万PVいくようなブログをつくって、いつかは本を出せるようになりたいなぁと書いていた。

不思議なもので、そうやって書いて眺めていると、本当にそういう方向性にいくんだわ。

とりあえず当時の計画では今年中には累計100万PVを達成する計画になっているので、そうすることにしよう。

あとあんまりブログを書いて収益だなんて意識してなかったけど、友達からのススメもあってもう少し収益を意識しようと思う。

どうせたいした金にならないだろーと思ってアフィリエイトを張ってみたら結構思った以上に紹介した本が売れたりしてて、びっくりした。

前に記事で紹介したプロ経営者の条件とかは40冊近く売れてたw 世の中の新古書店はさぞかしびっくりしたことだろう。

うまくいけば好きな本を毎日1冊余分に買ったり、軽く飲みにいけるくらいにはお金になるんじゃないかと思ってきた。

とりあえずgoogleは早く俺にアドセンスIDを発行してくれw

そしたらブログを書くのももっと面白くなるだろうし、寄稿や献本されたりで何かや誰かのために頼まれて文章も書いてみたい。

あと、ブログを通じて人と会うという経験も久しくしていなかったので、久しぶりに知らない人と会ってみようかな。

ワクワクする。


うん。やっぱりそうだ。この感じ。

ブログはとっても楽しいなって。




一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷 正寿
かんき出版
売り上げランキング: 4,324