読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせ今年も目標立てても何も達成できずに終わるんだからやり方変えろ。やり方。

1年の計は元旦にあり。ということで、今年最初の1日で様々な目標をたてた人も多いかと思います。

例に漏れず自分も本日は今年の目標や計画などを立てることに1日を使っておりました。

ただ、最近自分も四半世紀ほど生きてきて思うのが、たとえ年始に目標を立てても、それら目標が達成されることはなかった、ということです。

それはいわゆる目標設定が、自分の理想や願望に基づいて設計されているためどうしても、実現可能性からかけ離れたものになりがちになってしまうというからです。

では、どうしたら本当に価値ある目標を立てる事ができるのか。





今日は数ある方法の中でも特に効果的な「七つの大罪式 目標設定法」をいうのをご紹介したいと思います。


これは、キリスト教に古くから伝わる七つの大罪(傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲)という戒むべき人間の悪い行いを参考に考えられた目標設定方法で、通常の1年間の抱負といった目標設定がホワイトリスト方式なのに対して、禁止事項の設定に重きを置いたブラックリスト形式の目標設定方法です。

具体的には、それぞれの7つの大罪をモチーフにした「この大罪を破ってはいけない」という自分の7つの大罪を設定するという方法です。

やり方はとってもシンプルです。



まず、適当に紙とペンを用意します。

f:id:tokunoriben:20140102014628j:plain

紙は適当なので、いいです。あまり仰々しいものにしてしまうと、かえって思考のジャマになるので、書き捨てれるものの方がいいです。

次に、紙に去年1年間で自分のダメだったことを箇条書きでひたすら書き続けていきます。とにかく深く考えずに、思いついたことは何でも書きます。

太った、仕事がうまくいかなかった、無駄遣いをしすぎた、さぼりすぎたなどなんでも構いません。
思いつくままにかいて、もうこれ以上は出て来ないというところまで書きます。
大事なのは自分が納得いくまで紙に書き出したという達成感です。
 
一通り書き終わったら、今度は書き出した項目それぞれについて、新しいページになぜそうなったかの理由を掘り下げて箇条書きで書いていきます。

f:id:tokunoriben:20140102015909j:plain


例えば、「太った」という記述があるのであれば、

■なぜ太ったのか?
・深夜に飲み食いをすることが増えたから
・飲みにいくことが増えたから
・間食をすることが増えたから
・運動をしていないから

という感じです。これもまた、自分でこれ以上書けないわというところまで掘り下げて書いていきます。

そして書き終わったら、掘り下げた項目について、さらに新しいページを使って掘り下げて書いていきます。
このときに自分で納得いくまで書き尽くすことが大事です。

先ほどの例だと、

■なぜ深夜に飲み食いをすることが増えたのか?
・飲みにいった後にラーメンを食べることが多いから
・仕事帰りに遅い時間に弁当を食べるから
・間食をよく食べるせいで、食生活が乱れるから
・朝の運動習慣がなくなった。

■なぜ飲みにいった後にラーメンを食べることが多いのか?
・1人でいくと誰も止めてくれないから
・飲みにいったあとはラーメンを食べる習慣がついているから
・駅前のラーメン屋が空いているから


■なぜ間食を食べてしまうのか?
・百円や数百円だとついつい買ってしまうから
・コンビニに行く事が多いから

こうやってみるととどうやら、太った原因は、飲み会の回数が増え、飲みにいったあとによるラーメンが増えたことや、不規則な食生活に理由があることがわかります。


ちなみにこの紙に書いて思考を掘り下げていく方法は、赤羽さんが最近出した「ゼロ秒思考」という著書の中で触れられている、メモ書き技術をそのまま踏襲しています。

このメモ書きは仕事、人間関係、企画立案、本当になんでも使えてかなりの達成感を得る事ができ、悩みが解決するので相当のブレークスルーなので、本当にオススメです。


ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング
赤羽 雄二
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 197



こうして項目についてダメだったことを一通り書き出したら、そのなかで禁止事項を設定します。

例にあげた太った場合だと、振り返ってみると深夜の食事や間食の増加、朝の運動不足が太った原因だったことがわかったので、これらを元に
禁止事項を設定します。

このときの注意事項は


①どの禁止事項にも必ず数字を入れる。
②1日の行動ペースに落とし込む。
③1つのセンテンスにまとめる

という二つです。

そこで、この場合

・22時以降は1人で食事を食べる大罪を犯してはいけない
・1日に食費や間食に1000円以上使う大罪を犯してはいけない

といった大罪を設定します。

それらの項目から7つの大罪に分類します。

この場合は、食べ過ぎの暴食や無駄遣いといった強欲が大罪なので、それぞれ暴食の大罪と無駄遣いの大罪に当てはめましょう。

暴食の大罪・・・22時以降は1人でラーメンを食べる大罪を犯してはいけない
強欲の大罪・・・1日に食費や間食に1000円以上使う大罪を犯してはいけない

そして7つの大罪の項目がいっぱいになるまで、項目を埋めていきます。同じ大罪に当てはまるものがでてきた場合は、自分にとって大罪度合いが高いものを優先しましょう。

人によりけりですが、分類方法としては次のようなイメージで分類してみると良いでしょう。


傲慢・・・仕事や人間関係に関するもの
嫉妬・・・人間関係や趣味に関するもの
憤怒・・・ストレス・暴力に関するもの
怠惰・・・時間の使い方に関するもの
強欲・・・節約やお金に関するもの
暴食・・・ダイエットに関するもの
色欲・・・性欲や恋愛に関するもの


中々埋まらないよ〜という人は逆に7つの大罪から、それぞれの項目で自分のダメだったことはなかったかを振り返って設定考えてみてもよいでしょう。

例えば傲慢だったことはないか? 
人を無視したり、大切にしなかったりしなかった。
メールは3時間以上無視してはいけない

といった感じに。


そして7つの大罪が全て埋め終わったら、

自分が普段毎朝チェックする物に貼るか書いておきます。

カレンダーならカレンダー、TODOリストならTODOリスト、手帳なら手帳。

とにかく毎日目の触れることに置いておく事が大事です。

f:id:tokunoriben:20140102021419j:plain


目標設定の際に「今年は痩せる」とかだと、ぶっちゃけ今年も達成できる要素はほぼゼロですが、


「22時以降は1人でラーメンを食べる大罪を犯してはいけない」

というくらいの設定だと、これだけは破らないようにしよう・・・という気持ちになれますよね。


既に目標を設定したという人も、目標に加えて今年の「大罪」を設定して、今年の抱負をさらに強固なものにしてみてはいかがでしょうか。


それでは今年も頑張りましょう。