読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「マンガなんて読んでる場合じゃないのに、読まずにはいられないッ!」 2013年背徳のドハマりマンガ 7選

レビュー

f:id:tokunoriben:20140103235834j:plain


ビジネスにおいて時間は何よりも大切です。成功した経営者なら誰でもそのことを深く身にしみて理解しています。

特に資本力に劣るスタートアップであればなおさら時間を惜しんで、身を粉にして一寸の無駄無く取り組まないと行けないのです。

しかし世の中には、

「マンガなんて読んでる場合じゃないのに・・・ほんとうに読んでる場合じゃないのに!! 漫画、読まずにはいられないッ!」

という背徳なドハマりマンガが存在します。

本日は2013年の「マンガなんて読んでる場合じゃないのに、読まずにはいられないッ!」背徳のドハマりマンガ7選を紹介したいと思います。



キングダム 原 泰久 (著)



 1選目はスタートアップ界隈で多数のファンを抱える漫画 キングダム!

かの有名な三国志より遡ること数百年も前、群雄割拠の中国をはじめて統一した伝説の皇帝、始皇帝とその元で活躍した若き将軍、信にスポットをあてて彼らの成長と中国統一までの過程を壮大なスケールで描いた一大歴史ファンタジー漫画!

着目すべきは、その徹底的な戦場目線。

f:id:tokunoriben:20140104000508j:plain


某歴史漫画だと、「ジャーンジャーン げぇっ! 関羽!」 で終わるところがプライベートライアンさながらに一兵卒から将軍目線と、様々な視点で織りなされ徹底的に戦場に寄りそってつくられた進行には、歴史物が苦手なあなたも引き込まれること間違い無し! NHKで放送されているアニメも絶好調!

起業家ならこれを読んでないとスタートアップ村にはいれないゾ! 

当ブログの過去のエントリはこちら

キングダムに見る企業家にとって大切なこと。 - 拝徳キングダムに見る企業家にとって大切なこと。 - 拝徳


次は打って変わって、こちら。




ハイスコアガール 押切 蓮介 (著)


ハイスコアガール (5) (ビッグガンガンコミックススーパー)
押切 蓮介
スクウェア・エニックス (2013-12-25)



「俺たち子供が時代の変化を目の当たりにできる場所ってのはゲーセンじゃねーのかって俺は感じたぜ・・・。」

f:id:tokunoriben:20140104000940j:plain

ゲームと青春と甘酸っぱい恋愛と。

男なら誰でも通りすぎたあの頃の思い出が今、鮮明に蘇る!。

f:id:tokunoriben:20140104010055j:plain

ゲーム好き少年ハルオとゲーセンとあの子とこの子と。あの時代を駆け抜けろ!

30代のおっさんには懐かしすぎて、涙が止まらない。

人生にあらかじめ準備しておけることなんてないんたぜ。仕事は常にやっつけ仕事、恋はいつでもノーコンティニュー! 
おっさん、涙ふけよ! 祝!2014年アニメ化決定! 今、最も目が離せない神マンガはこれだ!

過去の当ブログのエントリはこちら!

ゲームは僕たち子供が時代の進化を目の当たりにできる唯一の場所だった。 - 拝徳ゲームは僕たち子供が時代の進化を目の当たりにできる唯一の場所だった。 - 拝徳


続いてはこちら。

GE~グッドエンディング~ 流石 景 (著)



2013年完結! 少年誌マガジン連載の少女マンガ、GE(グッドエンディング)!

なぜ少年誌に本格恋愛物の少女マンガが!? でもそこに痺れる憧れるゥ!

高校時代の学園生活を舞台に主人公内海 聖志を巡り、少女マンガ特有のあの恋愛情事が幕を開ける!

f:id:tokunoriben:20100906004222j:plain

f:id:tokunoriben:20120121225240j:plain

ひっつきそうでひっつかなかったり、別れたりまたつき合ったり・・・、時には事に及んだり・・・ 

えっ!? ここでそんな展開になるの!? お前、いいのかそれ!?

ああっ でも・・・ ええい! 思うがままよっ!!

な、展開が男の中に隠れ潜む乙女心と背徳心をゾクゾク刺激してくれること間違い無し!

こんな悩ましい青春時代を過ごしてみたかったぜ!

そして、恋愛マンガと侮るなかれ、節々にちりばめられた一級品の名言の数々はそれだけで、眉唾もの。

f:id:tokunoriben:20140104011315j:plain


なんで、なんで、こんな名言がこんなところにあるんだよ・・・ 

まさに、名言の無駄遣い!!

なお、最後は確かにグッドエンディングなんだけど、なんかこう・・・うーん!!!!と拭えないソレジャナイ感がまた一層と後ろ髪をひく模様。

ヒストリエ 岩明 均 (著)


ヒストリエ(8) (アフタヌーンKC)
岩明 均
講談社 (2013-08-23)


続いてはこちら、ヒストリエ。

25年の時を経てついに今年映画化決定!!かの往年の名作マンガ「寄生獣」を世に送り出した、マンガ界の奇才、岩明 均氏がデビュー以前から構想を温めていた作品。


紀元前4世紀のギリシャやマケドニアを舞台にマケドニア王国のアレクサンドロス大王に仕えた書記官エウメネスの波乱の生涯を描いた壮大な歴史漫画。

2010年に第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の大賞を 2012年に第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞と、その勢いは留まるところを知らずっ! 

岩明 均氏の端正な絵柄とは裏腹の残虐描写、そして哲学的かつドラマティックなストーリー展開に引き込まれること間違い無し!

f:id:tokunoriben:20140104003915j:plain


これだ!これの元ネタだ! これぞシュール!!


2011年より一時休載になるも、ついに今年連載再開! 待望の8巻が発売! 俺得!!

寄生獣の映画化に続き、今年は岩明 均先生から目が離せない!! 要チェックや!



監獄学園 平本 アキラ (著)


監獄学園(11) (ヤングマガジンコミックス)
平本 アキラ
講談社 (2013-12-06)


続いては待ってました!!!

監獄学園!!

共学化したばかりの元女子高である私立八光学園に入学したものの女子風呂を覗いた罪で、裏生徒会の手により懲罰棟に投獄された男子生徒5人の学園生活を描いた、最高にくだらなくて、少しエロくて、笑える、ハイスクールエロコメディ!

f:id:tokunoriben:20140104004404p:plain

2013年、第37回講談社漫画賞(一般部門)を受賞!! 今、最も、本当に、最も俺の中で面白いマンガ!!!

脱獄物にハズレ無し!!エンターテイメント業界の黄金律を引っさげて、そこに学園物とちょいエロとちょいギャグが乗っかったんだから、これが面白くないはずがない!!

節々に光るエロをちりばめた、ギャグのセンスはアゴ無しゲン時代から衰えず!!

というか、これ同じ作者なんだぜ。。。信じられるか・・・あのアゴ無しゲンだよ!! 人間の力は偉大だな・・・ 

f:id:tokunoriben:20140104012839j:plain

f:id:tokunoriben:20140104004900j:plain


まぁ、何が言いたいかっていうと、要するにはなちゃんかわいいよ。はなちゃん。ってこと!!!


f:id:tokunoriben:20140104013810j:plain


七つの大罪 鈴木 央(著)


少年バトルマンガ物といえばドラゴンボール一強。そう思っていた時代が僕にもありました。。。


しかし、今、時代が変わりつつある! 

日本四大週刊少年漫画誌全てに連載作品を掲載した伝説の漫画家の一人鈴木央先生が繰り出す、王道少年ファンタジーマンガ、「7つの大罪」が今、面白い!!

王道を超えるのは王道だけ!

5巻で累計170万部突破!! 7つの大罪旋風が現在進行形で世界を席巻中!!  

作り込まれた世界観!!

f:id:tokunoriben:20140104005308j:plain

ド迫力のバトルシーン!!

f:id:tokunoriben:20140104005317j:plain

絵柄も設定も丁寧に作り込まれた主人公たち!!

f:id:tokunoriben:20140104005328j:plain

謎が謎を呼ぶ伏線。

f:id:tokunoriben:20140104005453j:plain

アニメ化必須!! ブレイク確定!!

今、本当に最も最も、目が離せない少年マンガ! 

じゃあいつ読むの? 

去年だったでしょ!!! 遅いよ!!


進撃の巨人 諫山 創(著)

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)
諫山 創
講談社 (2013-12-09)


ラストはこちら。来ました!! 

このマンガを入れなかったら、クレーム必須のもはや出来レース。進撃の巨人!!

単行本2800万部突破! もはや説明不要!! 

f:id:tokunoriben:20140104013258j:plain

壁に囲まれた城塞都市、そして絶望的な戦力差がある巨人、果たして人類と巨人の戦いの結末はいかに!?

f:id:tokunoriben:20140104013428j:plain

見る人全てを引き込む、圧倒的な世界観は、もはや多作品の追随をゆるさないぶっちぎり。

完結を迎えずしてマルチメディア展開であちこちから引っ張りだこのもはや社会現象!

これを語らずして何を語るんだ!? 

先生の一筆一挙動に全世界の注目が集まる、今最も熱い作品。

巨人はなぜ人を襲うのか? そしていったい巨人とは何なのか!? 

少しずつ明らかになる巨人の正体に、今年も要注目だ!!

f:id:tokunoriben:20140104010931j:plain



当ブログの関連(?)記事 

僕はお金の真価にウォール・マリアを見た - 拝徳僕はお金の真価にウォール・マリアを見た - 拝徳


以上、独断と偏見で「マンガなんて読んでる場合じゃないのに、読まずにはいられないッ!」 2013年背徳のドハマりマンガ 7選を書きました!

今年は本当にマンガなんて読んでる場合じゃありません。本当に読んでる場合じゃないからな! 本当に読んでる場合じゃないからな!