これからの日本で「無敵の人」を救ってくれるのは一体何か?

f:id:tokunoriben:20141030042812j:plain

最近、イスラム教に関するエントリーが続くので、「この人イスラム国行くのかな」とか「カルトにハマる若者ヤバい」みたいな感じに思っている人もいるかと思うので、誤解がないようにきちんと前振りしておく。

ただイスラム教に関心を持ったのはイスラム国について記事を書いたのがキッカケであるのは事実である。

この人たちはなんでこんなひどい事をしているのだろう。そもそもイスラム教ってこんな宗教なのか・・・?全然わからんなぁ・・・


と思って、調べて行くうちに、率直にイスラムの教えがかなりいいと思った。それだけだ。


宗教は人生をよりよく生きる手段であって目的ではない。

イスラムは他の宗教と違って、ライフハック的な要素や、より良い社会共同体的な要素に近い概念がある。1400年形骸化せず存続してるのは伊達じゃない。

よくイスラームのジハードという言葉をとってテロの正当化を認める危険宗教という認識が多いけれど、そもそもジハードの本来の意味は日本語の概念で言うと「克己」に近いものであって、いわゆるテロリストが言うジハードのような、無差別なテロリズムというのはそもそも教義としてない。

というか、同じ教徒自体絶対に殺しあったらあかんで、って言うイスラム教の教えは教科書でいう最初の1ページ目くらいの扱いで書いてある内容のことなので、破綻してる。イスラムに限らず、どこの国でも宗教も関係なくやっぱり、偏った政治思想というのは危険なのである。ただ、それがたまたま政治的に不安定なエリアで多発しているように見えているだけに過ぎない。

イスラム国へ行きたいと言った若者に関しては、池上さんがコメントしてる、下記の記事が正論だと思う。

(池上彰の大岡山通信 若者たちへ)(18)「イスラム国」目指した学生 殺害組織に命を懸ける愚 :日本経済新聞





社会への不満のはけ口が、殺人とか破壊で、あっていいわけがないじゃん。そんなのが宗教だとしたらそれは間違ってるわ。


逆に日本でそういう無差別に人を殺すテロリズムのようなことが起きるのだとしたら、それはイスラム過激派ではなく、これからは「無敵の人」が起こしうる方が非常にヤバいと思う。



「無敵の人」…失うものなく、罪いとわず


日本は法治国家なのであらゆることが法律で決めてある。法律によって判断して罰をあたえましょう、と。

法律により公平に正しく裁かれる。ただ、それで全ての問題が解決するかというとそうではない。

例えば、六法全書には「人を殺したら死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に遭わせますよ」とは書いてあるが、「人を殺してはいけません」とはどこにも書いてない。

だから、極端に言ってしまうと、「なぜ人を殺してはいけないのか?」という問いに対して、法律はその答えを教えてくれることはないのだ。

死刑又は無期若しくは五年以上の懲役というデメリットが、メリットを上回ればそれは殺人を容認してしまうこととなる、簡単に殺せてしまう、ということになってしまう。

これを「人を殺すなんてとんでもない!」ととめてくれるのが、いわゆる道徳や倫理観である。

日本人の高潔な道徳や倫理観は、世界が羨む治安のよさを産み、世界でその善行が広く承認される素晴らしいものである。

でも、それが果たしてこれからの日本で継続できるかと言うと正直かなり不安なところがある。

日本人の基盤とする倫理観や道徳というのは、儒教やらムラ社会に基盤を置く、社会と自分との間の関係で規定されている。恥の文化、というやつである。

なので、日本の倫理観や道徳は恥を恥と思わない「無敵の人」には対抗できない。

実際に近年日本で起こった無差別殺傷事件を見てみると、その傾向が顕著だ。

法務総合研究所によると、2000年から10年3月までに裁判が確定した無差別殺傷事件の受刑者52人のうち、37人が39歳以下の男性で、犯行時に正規雇用されていたのは4人だけだった。月収10万円以下が9人で、ゼロも31人。異性との交友関係がないものが大半で、親密な友人がいたのは3人だった。犯行動機は「自己の境遇への不満」(22人)が最も多かったとのことだ。

秋葉原でトラックで突っ込んだり、小学校で子供を殺したり、道で包丁を振り回したり。。。


社会から認められず、切り離され、守るものもなくなり、恥の文化の根底が消失したとき、


今は、多少なりとも目の前のわずかなお金やチープな享楽でごまかしごまかし、なんとか生きている、彼らあるいは彼女らが、いずれ馬齢を重ね、もはや引き返すことのできない現実に直面してしまったときに、

あなたに人を殺してはいけない。あるいは自らの命をたっていけないといってくれるのは、何だろうか? 

その一つの解が、これからの日本では、絶対的な神の存在に基づく倫理観であってもそれは間違いではないと思う。

少なくとも僕はそう思った。



今まで、このブログは拝徳という名前でやっておりましたが、最近徳なんか拝んでもメリット何も無いな、って思いはじめてたので、ちょうどいい機会なので、タイトルを変えて拝神にでも変えようかと思います。


http://goo.gl/dCfJLT