読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イスラム国があって本当はみんな喜んでるくせに。

イスラム国による日本人拉致事件が連日話題となっている。

日本は、諸外国に武力介入をしない、平和な国ということになっているので、

純粋に彼らの暴力に訴えかける行為は卑劣で痛ましい、と僕は思った。

多くの人もそう思ったと思う

でも、この騒動に端を発する日本国内の国をあげての乱痴気騒ぎといえるような盛り上がり方を見ていて僕は、最近思うようになった。



「イスラム国があって本当は皆喜んでるくせに。」、って。




私達は言う。ニッポンは平和で安全な国だと。世界に誇る安全な国ニッポン。おもてなしの国ニッポン。

だが、その平和や安全とは一体何に対して安全ということなのだろう?

日本だって別に殺人事件や猟奇的な虐殺事件も起きているし、窃盗がないわけではないし、警察の予算を見ると、世界でも有数の規模の予算の国だ。


ということは、その平和とか安全は絶対的なものではなくて、何かと比較して相対的に、平和・安全だということだ。


じゃあそれはいったい何に対して平和・安全なのだろう

答えは簡単だ。

それこそ、今日の今のこの瞬間も殺しあって、殺しあって、殺しあって、無様に血を流している最悪な国、イスラム国みたいな国がこの地球上にあるからこそ、日本という国が相対的に見て平和だ安全だってことなんでしょ。



日本は平和で安全な国です。という言葉には、


「あなたたちの国は、愚かな無能な土人で溢れ、何の学習力もなく惨めに殺しあっていて、それに対して私達の国の日本はずっと優秀な民族で、平和で安心安全な魅力的な国です。だから、日本の価値を高めるためにもあなたたちは、ずっとそうやって、私達の国に迷惑をかけないところで、一生殺しあっててくださいね。僕達はよろしくやってるんで。」


という無意識の残酷な潜在意識が働いているのだろう。


カイジというマンガに裏ボスみた兵藤会長というのが出てくるのだけれど、これがまた飛んでもなく性根の歪んだ人間で、足の骨が折れた人をそういう契約で金を払って周囲に転がしといて、わざとガシガシその足を杖でどついて悲鳴を聞いては、



「折れた足をいじられると彼は痛いが・・わしは痛まない・・!ここをどこまで理解しているかで人の成否は分かれる。他人がどう苦しもうとまったく問題ない………唯一問題なのは自分の幸福だけ。」ということをいい放つのだけれども、


f:id:tokunoriben:20090607051656j:plain
f:id:tokunoriben:20090607051643j:plain


まさに今回の騒動はそんな日本人の潜在意識の構図が透けて見えて、僕はとても悲しくなった。

日本人の安全ガー、日本人ガー、日本の平和ガー、日本ガー


日本人の命の前に、いったいシリアとイラクの内乱でどれだけの血が流れたかに共感しようと思った人はどれくらいいるのだろう。


なぜこの過激集団が生まれ、少しでもこの悲しい血が流れる境遇の地への理解をしようと思った人はいるのだろうか。


この当初の200億円という、破格の身代金もその明確な政治的なメッセージだろう。

本当に金が欲しければわざわざこんなふざけた高額の金額にしない。蚊帳の外の高みから金をだしてニヤニヤと眺めている日本への明確な政治的メッセージだろ


そんな最中、日本ときたら、 世界の皆さーーん!!! 日本人様の命は100億円でございますよー!!。100億円でござい。はい皆さーーーん100億円通りまーす。今ここに100億円が通りますよー!!! 100億ですよー!!


と、中にも外にも大騒ぎしている日本は、実に滑稽な姿だ。

人の命の価値は平等でお金では買えない、などのたまっておきながら、今までそこで流れた何十万もの血に無関心そのものな自分たちの態度が、日本人様の命の価値はお前ら土人たちとはちげーんだよと言わんばかりで、もはや悲しみを通りこして呆れちゃうよね。


人質が解放されたら、皆さんこのたびはいろいろご迷惑をお掛けしました。

お礼と言ってはなんですが、こちらご支援金の方、多めに置いときますんで、皆様の益々のご殺戮を心よりお祈り申し上げます。

とでも言って一件落着さようならで終わってしまうのだろうか。




それが日本が言う平和な国ニッポンなんだろうか。



やっぱり、はっきり言ってしまうと、日本はイスラム国があって幸せなんだと思う。



今回の国をあげての騒動ではっきり思った。

イスラム国の事件は、日本のどんなエンターテイメントも超えた魅力的なコンテンツだ。

中東なんかの地味なテーマでやっている売れないジャーナリストや学者やらブロガーやらはこのネタで目立てたし、特番にも引っ張りだこ! 飯が食えてよかったね。

本でも出せて一攫千金印税ゲット! 僕もいっぱい買いました!!


テレビ局はイスラム国関連だけで尺が埋まって、ラッキー!! まるで24みたいな展開に皆テレビに釘付け。 

素材もMADE IN ISLAMIC ESTATE のしっかりした放送素材とPVが用意されてるので、制作費も安上がり!

はい、市民活動共々の人たち、格好のネタ、待ってました! デモしまーす! 行進しまーす!! 皆で平和のために踊りましょう!イェーイみんな見てる-??

政治家はよくわかんないけど、とりあえず総理が悪い日本が悪いってことにしとけばだいたいオッケー♪ 

人質は生きてても良し、死んだらなお良し!! とりあえずこのネタで3ヶ月くらいは行ける!!

とりあえずネットでは、自己責任!不謹慎と言っとけば、頭良さげなわかってる感じがでてオッケー!うわー!! このクソコラおもしれーwww!!  

最近原油が安いのも、原油密輸により収益をあげているイスラム国への圧力がひとつの理由。円安+原油安で日本経済にも大きな追い風!!

日本の主力産業であるトヨタのピックアップトラックもたくさん輸入して使ってくれてありがとうね!!


日本の経済のためにも、イスラム国本当にありがとう!  



本当は日本国民、みんなが幸せ。誰もがみんな生き生きしていて充実した時間を過ごしているよね。

日本人の絶対的な格下や悪を見つけたときへの正義の悦びの楽しさと言ったら。


えっ? 不謹慎? 家族や昼夜もなく奔走している人たちの気持ちも考えろ?

ごめんね、ちょっとよくわからなかっただけど、つまり、こういうこと?

人質は別に今まで別に会ったことも聞いたこともない人間だけれども、ただ同じ日本人というだけで、同胞のためにかわいそうだと言ってあげちゃってる正義感あふれる自分が最高にクールで好きなんですってことじゃなくて?。

あ、なるほどね。ほら、言えばいいじゃん。

Twitterとかはてなブックマークでこき下ろしちゃってさ。

不謹慎!不謹慎!不謹慎!


はい、僕今、いいこと言いました−!! 僕正義感溢れてまーす!! FacebookとTwitterのフォロワーのみなさーんみてますかー!!! 僕、今正論言ってまーーーす!!! こんなゴミを叩いて、正義感あふれるとってもいいことしてまーーーーーす!!! はいほら今、リツイートされた! はいきたー!! 僕の投稿いいねされてまーす!! 良いこといいました! 僕今言いこと言いました! あーっ! イスラム国っていう表現使って騒ぎ立てるのは行けないんですぅーーー!え?イスラム国をイスラム国って呼ぶなっていう指摘自体がかえって騒いでる?何言ってるんですかイスラム国をイスラム国って呼ぶなって、イスラム国をイスラム国扱いしている人がイスラム国をイスラム国って間違って盛り上げてるんです-ーーー!


いやー、インターネッツが一番輝く瞬間だよね。 


今日もすっきりして、鬱憤が晴れてよかったね。


で、それで、少しでも世界が変わるといいよねぇ。


こんなに政官財リアルもネットも問わず、国民皆が揃ってみんなが楽しめる社会現象的エンターテイメントなら、日本国民1人100円だと思えば安くないし、200億円でもお釣りがくるくらいだと思う。映画1本よりずっと安い。

経済効果だったら、200億円とか軽く突破したんじゃないか? 

下手すりゃイスラム国のクリエイティブ・ディレクターは今年カンヌで金賞でも受賞するんじゃないか。


人を一人殺せば人殺しであるが、数千人殺せば英雄であるという名言があるけれど、こんなにも乱痴気騒ぎを見ていたら、こんな言葉が日本にはふさわしいだろうなと思った。


外国人が数千人死ねばただの三文記事、日本人一人が誘拐されればエンターテイメント。




まぁ、それはさておき。


これがただの過激派集団の事件なら、ああ、かわいそうだね。オウムみたいなやつでしょ。早く教祖をポアしろよで、終わりだけれど、

ややこしいのがこの過激派集団がイスラム「国」だなんて概念を持ちだして、世界各国から恐ろしいほどの勢いで兵士を集めていることだと思う。それも強制的な徴兵でもなんでもなく、まさに自らの意思で志願して志願兵がやってきているのである。

今、イスラム国が世界に問うている意味はとても大きい。

僕は、だいぶ前からこの組織の存在を知って衝撃を受けて、個人的な興味からいろいろ調べているのだけれど、


やっぱりこのタイミングで出てきたイスラム国の存在は偶然でもなんでもなくて、資本主義や領域国民国家へのひとつの問題提起だと思っている。

折しも昨年クリミアやウクライナや香港やスペインや世界各地で国とは何かというのを考えさせられる現象が勃発した。

そして資本主義による格差の固定化を示唆する、ピケティの21世紀の資本論は世界各国でブームとなっている。

果たしてこれからの資本主義や国というのは果たしていったいどうなるのか? その至上命題を形として突きつけてきたのがこのイスラム国という存在だと思う


ともすれば、今までみたいに経済的に困窮している文明的に未発達のエリアの人々がカネ目当てに、誘拐したなど西洋文化との対立という旧世代的な感覚でこの存在に対峙すると、その差に混乱することになる。



「ほら、これ、僕達がみんなつかってるスマートフォン、iPhoneって言うんだよ! 知ってる?? これはTwitter。誰でも簡単にメッセージがやりとりできる、このyoutubeっていうサービスを使うとほら、どこでも動画が見れるんだよ。ね、楽しいでしょ!ほら。これは軽自動車。安くて小さくて乗りやすくて便利。この服もあったかくてデザインもいいでしょ。ほら僕達の国はこんなに豊かで恵まれて平和な国。大丈夫僕達はわかりあえる。西洋文明は怖くないよ!」


「いや、普通に知ってるし、持ってるし、使ってるし。クルマはトヨタのピックアップトラック乗ってるが。つか服はファストファッションでメイドインバングラデシュで同じようなもんだろ。あ、。これ俺のTwitterアカウント。さっきHD画質で編集した処刑のムービー今からyoutubeにアップするから見てな。こっちWi-Fi飛んでるからわりとすぐアップできると思う。」

「えっ!?!?あっ、そ、そっか、しってるのねー・・・」

「言うてあんたらも、非正規でひどいとこだと手取りで10万ちょっととかやろ。。。うちら戦闘員も同じくらいもらえるやで。ついでに住宅支給もあるし、家族手当も出るで。あんたらとそう変わらんのとちゃうか。」

「で、でもそんな殺し合いの環境はブラックすぎるよ・・・。」

「…逆に聞くけどあなたがたが今生きている理由は何??」

「・・・え?」

「死に意味を見つけられるのは、生きる意味を見つけられた人間だけ。私は生きる意味を見つけた。そして死ぬ理由を見つけた。私自身が信じる神のため。無残に殺されていった家族のため。見捨てられた国のため。そして生まれる新しい国のため。あなたは何のために生きて、何のために死ぬの? 今のあなたの人生の延長上にあなたが生きる意味はあるの?」

「・・・・」


物質的な豊かさが絶対的ではなく、死というものが自分にとって最悪の結末ではないという相手と交渉するのはとてもむずかしい。

今の資本主義の成熟はその矛盾への回答を持たない。

そして、イスラム国は領域国民国家への大きな揺さぶりを生む。

特に日本というのは、国土を海岸線で囲まれて単一民族・単一言語の国家なので国というものの感覚が強固なのだが、世界の大多数はもともとそうではない。

国境は、ただ人間が決めた線でしかない。国というアイデンティティは自国の物質的豊かさとか、同じ民族だとか同じ言葉だとか、同じ外見をしてるだとか、そういったものには依拠しない。

グローバル化で、金や情報、そして人ですらも限りなく一瞬で行き交いする世界で、自分はなぜ生きてなぜ死ぬのか、という確固たる哲学もまたまた瞬間的に伝播する。

日本も今、その壁にぶち当たろうとしている。

何のために、人は生きて死ぬのか、という問いに資本主義が生む格差社会は自己責任という残酷な答えをあなたに突きつけるだけだ。

日本では、宗教による対立はないものの、宗教すら救わない「無敵の人」と呼ばれる人たちがたくさん生み出され社会に潜伏している。そういう人が真に原理的に研ぎ澄まれたエッジの効いた哲学に触れてしまったら果たしてどうなるのだろうか。

そういう意味ではまだ一部のサブカル的な扱いでやっている分には、まだ良かったのだけれど、

こうやって国をあげてメディアでデカデカとご丁寧にも彼らの広報活動のご協力をしてしまった以上、日本国内からシンパや同調者が出てくるのは避けられないだろうし、それが本来の彼らの大げさなプロモーションビデオ真の目的だったとかんがえると、二転三転するたびに大盛り上がりしてしまった日本社会は本当に思う壺だったと思う。




いろいろ茶化して書いてきたけど、僕は結局のところやっぱり同じようないち日本人で、ここにあげられている同じような乱痴気騒ぎをしている一人でしかない。

そんな自分に無力さを感じるし、とても悲しい。

僕はやっぱり死が人にとっての最悪の結末であると思うし、日本人だからとか関係なくて、できるだけ多くの人が死なないで欲しい。

日本人と言っても、たまたま運良く極東の恵まれた島国に生まれただけでそういうことをいうのがあまり意味がない時代がくるのだろうか。10年後どうなってるのか想像もつかないし、誰もしらない。

だからこそあれだこれだと決めつけるよりも、まずは新しいダイナミズムへの「理解」を示すことがひとつの選択肢なのではないのかな、と思っている。


イスラーム国の衝撃 (文春新書)
文藝春秋 (2015-01-28)
売り上げランキング: 2