読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートショート 「50年後の君へ」

f:id:tokunoriben:20151022082745j:plain
少年「わぁ、おじさん、このクルマカッコイイね!? おじさん、どこから来たの?」

「ああ、おじさんはね、今から50年後の2015年の10月21日の未来からやってきたのさ。」



少年「わぁー!すごい! 今から50年後の未来の日本かぁ。どんな日本になってるんだろうな。今の日本は東京オリンピックの話でみんなもちきりだけど、おにいちゃんが来た50年後の2015年の日本では何が話題になっているの?」

「ああ。実はね、いまから50年後の未来の日本でも同じように東京でオリンピックが、開催されることが決まったんだ。」

少年「ええ〜! すごい!! また東京で2回目のオリンピックが開催されるんだぁ! 50年後の東京かあ 今と比べてどんな日本になってるんだろう。あっ!おじさん この写真はもしかてあたらしい国立競技場!? すごい!宇宙船みたい!!かっこいいなぁ。すごいや日本! いったいいくらかかるんだろう!!?」

「うん。これは過去5回に開催されたオリンピックのメイン会場の建設費の合計よりも高い金額なんだ。」

少年「うわ〜 5つの国の合計より建設費がかかる会場!? すごいや日本! 日本も未来にはついにそんな金持ちの国になったんだ!!」


「いや、これは金額が高すぎて払えないってことで、中止になった。」

少年「えっ。中止。」

「うん・・・・中止。だから新しいのをつくることになった。」

少年「そ、そっか・・でも、未来の国立競技場だから、ハイテクな機能がついているんだろうなぁきっと今僕達が高くて買えなかったエアコンとかがついてて、夏だけど涼しいところで試合とかを見れたりするんだろうなぁ。」

「・・・いや、新しい競技場にもエアコンはつかないんだ・・・ これ・・・・」

少年「エアコン、ないんだ・・・」

「うん。エアコンも屋根もつけれなかった。」


「・・・・・」



少年「・・・・ねぇ、おじさん 本当に未来から来たの? 本当に東京オリンピックなんてまた50年後にあるの??」


「本当だよ。ほら。これ東京オリンピックのロゴ。」


少年「わぁ 本当だ。2O2O TOKYO って書いてある!これはふしぎなデザインのロゴだね。」


「うん。デザインしたのは日本だけじゃなくて世界でも数々の賞を受賞した佐野さんっていう日本を代表するデザイナーがつくったんだ。」


少年「すごいなぁ!!! 日本からもそんな有名なデザイナーが出るようになったんだね。お父さんが日本はいつまでも外国の真似ばかりしてちゃだめだ、サルマネばっかしてちゃだめだって、メイドインジャパンに誇りを持たないといけないって言ってたから、日本の文化レベルも50年後には立派にそんな国になったんだね。」


「・・・いや、これはパクリだってことで使用中止になったんだ・・・」


少年「えっ!?!! パクリ!?!」


「・・・・うん。」


少年「・・・そんな、パクリだなんて・・・ いくら日本がサルマネだって言われても、東京オリンピックみたいな世界的大きなイベントで、そんなことするほど日本は落ちぶれてないよ!!この間のオリンピックだってうまくいったもん! 堂々とパクってませんって自信をもって海外に言えばいいのに。」


「いや、ごめん指摘して反対運動起こして叩いてたのは日本人なんだ・・・。」


少年「・・・は?・・・・そんなの堂々としてればいいのに・・・おじさん、オリンピックのロゴをつくるなんて、デザイナーにとって一生に一度あるかないかのチャンスなんじゃないの? そんな貴重な機会のロゴをまねするって、いくらなんでもそんなことしないと思うよ。日本のロゴがパクリだって叩いている人たちは何が楽しくてそんなことをしてたの?」

「・・・・・」

少年「・・・まぁ、いいや。・・・あっ。この写真は!? この衣装はなあに?」

「これはね、ボランティアの衣装。2020の東京オリンピックのときは海外からやってきた観光客をボランディアがこの衣装を着てサポートしてあげるんだ。」

少年「わぁ、これは今風でおしゃれだね! 大阪のくいだおれ人形とそっくりだ!! かっこいいなぁ〜 50年後もファッションセンスは今とあまり変わらないのかな!?」

「・・・・」


少年「でも、それにしても50年後の東京かぁ 日本はどんな国になるんだろうなぁ。」

「そうだね。きっと小さな君が想像もつかないような素敵な未来が待ち受けているよ。」


少年「わぁ! あのね、・・・最近お父さんはね、大切な友人が自殺しちゃって、こんな1965年にもなって未だに毎年1万5000人もの人間が自殺する今の日本はおかしい、って泣いてたんだ。でもね、これから日本はきっと豊かな国になる、自殺なんかする人はどんどん減っていく素晴らしい未来が待ってる、お前はそんな未来を生きろ、俺みたいな思いはもうするなって泣き笑いしながら言ってたなぁ。」

「・・・・そうだね・・・」

少年「あ、おにいちゃんはね、これからは生活も雇用も不安定な非正規雇用の時代は終わりだって、正社員の時代になるって言ってたよ。日本はどんどん豊かな国になって進歩して、今の1965年の日本みたいに400万人もの人が不安定な非正規雇用の仕事をしている状況はどんどんなくなるんだって。代わりにロボットっていうのがそういう仕事をしてくれて、人が畜生みたいに働いて死ぬなんて未来はもうありえない時代になるぞって言ってたなぁ」

「・・・・そうだね・・・」

少年「あ! 僕はね将来かわいいお嫁さんとかわいい赤ちゃんがほしいな! でもこの間、学校の女の子にあんたの顔じゃ結婚なんてできっこないよ なんてからかわれて、不安になって学校の先生に相談してみたんだけど、学校の先生がね、心配しなくても大丈夫、今の1965年の日本の男性の生涯未婚率は1.5%だから。この国のみんなのほとんどの人はきっといつか結婚するからそんなことで心配しなくていいよ、いつか必ず素敵なお嫁さんが現れて、素敵な家族ができるからそんな当たり前のことを心配しなくていいよ、素敵な家庭をつくるために一生懸命がんばりなさいって。」


「・・・・・そうだね・・・」


少年「あっ! そうだ、福島に住んでるぼくのおばあちゃんはね、今度福島に原子力発電所っていう、新しい未来のエネルギーができるって喜んでたよ。もう今の発電所とか違って煙もでなくて、いつまでもこの村のきれいな自然のなかで空気ときれいな海で生活できるって喜んでたなぁ。大好きな福島のこの村と自然がいつまでもきれいなままで自慢できるって、喜んでたよ!。」


「・・・・・そうだね・・・・」


少年「わぁ〜 50年後楽しみだなぁ! ・・・あれ ねえ、おじさんどうして泣いているの? ・・・おじさんもしかして嘘ついてる・・・? 」


「・・・ううん。なんでもない。おじさん嘘なんてついてないよ。50年後の未来の日本はね、今よりもずっと豊かな素晴らしい未来になっているよ… 毎年人が数万人も自殺するなんてことはもうないし、数百万人もいる非正規雇用なんてものはどんどん減って、テクノロジーの進歩で人が働き過ぎて死ぬなんてことはなくなる、結婚だって誰でも自由に恋愛して、一生結婚できない孤独な人なんていなくなるし、おばあちゃんの住んでる福島は新しい未来のエネルギーのおかげで50年後の未来でも綺麗な自然で人の笑顔あふれる素敵な村のままだよ…」





少年「わぁ!よかった!嘘じゃなかったんだ 50年後の未来の日本が楽しみだなぁ!」




バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-10-26)
売り上げランキング: 45