読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCデポのビジネスを笑うな

PCデポが叩かれて炎上しているけれど、僕はなんだかもやもやした気持ちでいっぱいだ。



老いて判断力を失ったシニア層から高額な料金を巻き上げるビジネス、いったいぜんたいなぜそんなことが起こりうるのか? それはこの図を見たら一目瞭然だ。

f:id:tokunoriben:20130415072745j:plain

これは日本の金融資産の分布を年代別に表したものだ。この国の冨がいったいぜんたいどこにあるのかを年代別に分類したものだ。


え?10代や20代がない? それは10代、20代が対象外になっているわけではない。20代がもってる資産があまりにも少なすぎてグラフに乗らないのだ。


ブラック企業、過労死、貧困 ネットを賑やかすに事欠かない醜いテーマ。

では果たして不当に搾取されれ、その若者の多くの犠牲に生まれた富はいったいどこへ消えたのか?

そう。その冨はこの国のシニア層が牛耳っているのだ。


考えても見てほしい。

60代〜70代の金融資産における月額1万5000円とはどれくらいの費用感だろう。

日本の60代の平均金融資産は3000万だ。平均で3000万円だ。

3000万円の金融資産における月額費用15000円の割合は 約0.05%だ。 違約金の20万円は0.6%相当に当たる。

20代に当てはめて考えてみよう。

20代の金融資産は180万円 その0.05%とすると相対的には月額900円相当くらいだ。違約金の20万円は1万円相当だ。

あなたが20代だとして周りの20代の友人が月額900円のサポートのサービスを解約したら、違約金で1万円取られた!ぼったくりだろ。あまりにもふざけた金額だから契約無視して、¥5000は値切って払わなかったわ!!ざまあああ!!! ほんとうにこいつらはどうしようもない極悪企業だ!Twitterで暴露する!!! などと言っていたらどうだろう? あなたはその人に対してどんな感情を抱くだろうか? 

え? 値段関係なく、その価値がないものを売っているだからぼったくり?

悪いけれど、それは部外者のあなたの価値観で決めることなのか? 

はっきり言って僕はご年配の方々がこの金額感でサポート安心感を買えるのだとしたら僕は良心的な買い物だと思う。

詳細を全部把握しているわけではないのだけれども、今回の発端となったおじいさんは別に突然やってきて、何か買おうとしたら契約させられたわけじゃなくて、ずっと店にかよって数年来の付き合いやったんと。何もいきなり来て契約させられたわけやないんよね。

わからないけれど、きっと、好奇心旺盛ないいおとうちゃんだったんやろなぁ。新しいものに乗り遅れたくない。もしかしたら、実家に息子が帰ってきたら、自慢したかったかも知れん。おとうちゃんパソコンできるようになったぞ!って

そんで街の電気屋にいって、店員にあれこれ聞こうとしたらはぁそんなことも知らねーのかよこのじじいって、面倒くさそうな顔でけんもほろろな対応されて辛い思いして帰ってきて、それやったらPCデポがええよ、ってゲートボール仲間から聞いておそるおそるやってきたら、

自分の孫みたいな年齢のおにいちゃんやおねえちゃんがニコニコ笑って。ようこそーお待ちしてましたなんて言うてさ。いつきても、嫌な顔せず、お茶でも出して いちから手取り足とり教えてくれる。

これなら自分も挑戦できるかもしれない、って勇気づけられて、新しい世界だったんやろなぁ。来るたびにワクワクしとったんやろなぁ。

あの話題のポケモンゴーっつうのはなんや? わしもできるんか?!
ええ、おとうさんのiPadでもできますよ!こうやってセットアップすれば、ほら!
おおおお! みたいなやり取りもあったかもわからんよ。

そんで、たいしたものも買わんといつもこんな何時間も付き合うてもろて悪いなぁおもて契約したんやろなぁ。

おじいちゃん悪いなぁ、助かるわありがとなって孫みたいなおにいちゃんやおねえちゃんが喜んでくれて。


20代には1万5000円は大金かもしらんけど、70代の平均金融資産から考えると毎月、昼飯一回分くらいの値段や。そんでいつきても相談にのってくれる孫みたいな人間、誠意につくしてくれる相手から一番いいものをこうてやろ、と思うのは当たり前の感情ちゃうか?  

認知症にも関わらず契約させるなんてアコギや!!なんて言うけれど、逆にいろんな記憶もなくしてしもても通うてしまうくらいに頼りにしとったんやろなぁ。悲しいなぁ。

そしたら、暮れの実家に子供が帰ってきて、

はぁ?月1万5000円?! ボッタクリだろ! あいつらは詐欺師や!いつらに騙されとったんよ!
もうあいつらと二度と話しちゃあかん!! 絶対に行くな!!なんて 言われて、
意味がわからへんやろなぁ。

もう担当してくれたおにいちゃんやおねえちゃんとは一生死ぬまで会えへんのやろなぁ。
何もわからないまま自分は騙されとった思うて裏切られた気分のまま死んでいくんやろうなぁ。悲しいなぁ。辛いなぁ。

そしてお店のサポートの人も誠心誠意対応してたのをネットで詐欺だクズだ謗られて、もうやってられへんやろなぁ。傷ついとるわ。 


え? 法外な違約金? 

どうやろ?逆にあなたはいくらが妥当やと思う? 

お客さんが1時間店員に相談したら、いくらお店はもらうべきかな?

おじいちゃんおばあちゃんがPCがよくわからんってサポートしてもらいたいときって

相談窓口はメールやチャット対応やろか? きっと電話とか直接お店にくるんやろなぁ。

問い合わせもそんなのググレカスって1分とかで終わるかな?

アプリがダウンロードできない! Wi-Fiってなんや? 

そういう人に説明しようとしたら、1回30分から1時間くらいかかるやろか。

ようやく終わったと思ったら今度は画面が固まった!! なんて電話またかかってきたりして。

時間帯はいつにくるかな? リビングでゆっくりしながらPCを触りたい夜や、家族が集まる正月にやってません知りませーん。言うわけにはいかんやろなぁ。今眠いから対応できませーん。なんても言えないよね。そうだ、新しい端末がでたら勉強もしないといけないね。練習だってせなあかんやろ。わからないことがあったら相談できる上司も近くで待機していてほしいよな。そんでもって、1人電話かかってきて対応してるときに別のお客さんきたら、あなたは対応できませんお帰りくださいと言えるやろか? 何かあったときのために少なくとももう1人他の人間が待機しとらんといけんよな。こいつは働いとらんから給料払わなくていいかな?

はいじゃあ全部の人のバイト代を足して、それはサービスだからゼロ円でしょ。ってなりますかね? 

3人分の給料だけでも時給換算で6000円はほしいやろ?

そしたら月1万5000円やったら1回1時間 月3回電話掛けてきたり相談されたら赤字やん?。

サポートの人やって、どうやろ? 雇ったその日からあらゆることを熟知して働けるんやろか? 訓練せなあかんよね。訓練中は時給払う必要はないのかな?

サポートは今月してもらったけど、来月はもう使わないんで今日で辞めまーすって言われたら、

サポートで働いていいるアルバイトの人に、あ、お客さん契約やめてもう必要ないらしくて売上もないんで給料も払えないのでもう来月から来なくていいですー ってできるかな?? できないよね??? ブラック企業すぎない? 

普通の料理のお店だって注文した後に、キャンセルされたら困るよね。

まだ僕は食べてないから払う必要はない!とか言うのって正しいのかな?? 違うよね? 

じゃあサポートのサービスはどうなのかな。サポートという製品をいつでも使えるようにお店は用意してたのをキャンセルして解約したら、その準備してた分の費用は誰が負担すべきの?? 料理をつくってたお店? 違うよね??

何かおかしいこと言ってる??


だとしたら、PCデポはいったい何か間違ったことしてたのだろうか。本当に悪徳企業なんだろうか? 


思うのだけれど、他人にとって価値のあることを決めるのは、部外者のあなたではないのじゃないかな。

ある人にとっては、簡単なことも、ある人にとってはお金を払うに値する行為だ。
人は自分にとっての価値に納得した価値のお金を払う。そこには情弱も情強もないと思うよ。
もちろん、それが非合法なものであればそれは司法の手に問えばいいし、問題になるなら官庁による規制をすべきだというべきで、
それをあなた、他人のビジネスをわらっちゃあいけないよ。

残念なことに、これから少子高齢化社会がすすむ日本ではtoCビジネスは非常に厳しいものになっていくと思う。
ITなんかは、まさに外資の猛威にむざむざと晒され日本のメーカーもドンドン死んだ。家電量販店も通販に押されて死に体だ。

ともするとそれこそ負けじ劣らじで若者を徹底的に安く酷使して買い叩いて収益をあげるビジネスか、それともお金を払う余裕のある人に相応なサービスを提供して収益をあげるかどっちかしかないのだと思う。

払うべき価値をもっている人がその価値を正しく払うべきことにいったい何の罪があるのだろう?

は?Amazonだったらもっと安いだろ? 安くしろよ。
設定のサービス? それくらいおまけでやれよ? ぼったくりだろ。
つかお前の店で売ってるんだからお前が教えろよ。つか高いし、ネットで買うし。
契約? きいてねーし。おらさっさと無料配送しろよクズ。

といって若者が低い給料で酷使されるビジネスがこれからの日本の正しい世界なんだろうか。

それがまかり通るのがこれからの日本の正しい日本の姿なのだろうか。

だとしたら、日本の未来は絶望しかないなって私は悲しい気持ちになるのでした。